賃貸住まいの良さは負の遺産を残さず済むこと

賃貸住まいの良さは、家を買って暮らす場合に比べて、ある意味の余計な神経を使わず済むこととなります。

賃貸住まいの良さは負の遺産を残さず済むこと

賃貸住まいの良さは負の遺産を残さず済むこと

賃貸住まいの良さは、家を買って暮らす場合に比べて、ある意味の余計な神経を使わず済むこととなります。その1つは万が一遠い場所に転勤などに際して家を空き家にする心配をしなくて済ませることができます。また家を買えばローンの返済ばかり考えないとならない、そして10年以上となれば外壁や屋根やシロアリ対策などメンテナンスの心配もいるけど、賃貸の場合は毎月の家賃さえ払えばそれで済みます。またローンの心配をしなくていいから、今住んでる住居に飽きたらあるいは不満があれば、他所を借りて引っ越しやすくもなります。

そしてもう1つ賃貸住まいの良さは負の遺産を残さず済むこととなります。この負の遺産というのは家を買った住居ということになります。これは元々は資産でありました。親世代が家と土地を残してくれたから、子供世代はそこに引き続き住めて、新たに借りたり買ったりする心配をしなくて済むわけです。もちろん今の時代でも子供世代、さらにその後継世代がそこに住み続けるならば、少なくても建物がある限り、そして土地は資産となります。ですが子供世代以降が親名義の家から離れて他所の土地で暮らし続けるとなると、それは負債になります。なぜなら固定資産税という存在が脅威になるからです。それを解消するには速やかに売却を成立させなければなりません。しかしすでに現在、過疎地においては誰も買わないから税金を払い続けなければなりません。そしてそれは過疎地以外の場所、都会でもなかなか売れない事態が続いています。その理由は不便な場所など以外に、ある程度便利な場所でも依然多くの人は景気低迷で家を買えない、そしてもう1つは住宅の供給過剰が原因だからです。これからは家を買えば子供が、子供がいなくても甥っ子姪っ子など後継世代が存続する限りこのような負債に悩まされる人が増えていきます。その点アパート暮らしならこのような問題はなくなります。

お役立ち情報