賃貸住まいの良さは負の遺産を残さず済むこと

マイホームを購入するということと賃貸物件に一生住むということで、経済的にどちらが有利かということも、昔からよく話題になりましたが、一定の条件下では、賃貸のほうが有利だとい

マイホームと賃貸物件の比較

マイホームを購入するということと賃貸物件に一生住むということで、経済的にどちらが有利かということも、昔からよく話題になりましたが、一定の条件下では、賃貸のほうが有利だということになっているようです。ケースバイケースですので、何とも言えませんが、経済的にお金を動かしやすいということでは、賃貸物件を借りるのがメリットが多いようにも感じます。マイホームは日本人の夢ですが、最近は少し色あせてきたようにも感じます。

賃貸物件の場合には、良い物件に入ることができれば、引越しもしなくて長い期間住むことができます。そうなると頭金も必要がないということですので、蓄財や資産運用などにお金をまわすこともできます。何よりも住宅ローンなどの借金の苦労をしなくてもよくなるということが大きいですし、頭金の分を他に利用できるということもメリットです。

その他いろいろな住まいに住むことができるということがあります、賃貸分譲や一戸建て、そのほかアパートなどもあり、状況に応じて、家賃も上下できます。しかしマイホームだとそうもいきません。また資産価値ということで有利と言われてきましたが、売れない土地が日本中にあるということを考えると、将来的にも賃貸のほうが有利です。

お役立ち情報