賃貸住まいの良さは負の遺産を残さず済むこと

住まいは必ず必要になるので、マイホームを購入するか賃貸物件を借りて住むかということになります。

賃貸物件の住み安さと住宅事情

住まいは必ず必要になるので、マイホームを購入するか賃貸物件を借りて住むかということになります。その場合には今の状況ではなく将来の状況を勘案して選ぶ必要がります。今地方では土地が売れないということや、立派な一戸建ての家でも買い手がつかないというところも多くなっています。特に高齢者が住んでいたところなどは、そのまま戸が閉められていて無人の住まいが多くなってきています。これも少子高齢化の過渡期の住まいの関係の姿です。

また住宅の供給過剰と将来の少子高齢化の加速、人口の減少などで、住まいの買い手が少なくなるということは間違いないですし、毎年たくさんの住宅を建設してきたので、供給過剰になりつつあるということもあります。特に高齢化で寿命が延びた期間の生活費ということを考えると、マイホームを購入するよりは、賃貸で暮らして、将来のための貯蓄にまわす方が良いとなります。

お金さえあれば、高齢化でもさまざまな使い方ができます。将来は高齢化用の住まいやサービスもセットになって出てくるでしょうから、そのために資金を用意しておく方が、売れるかどうかわからないマイホームを購入するよりも良いように感じます。その点からも色々な賃貸物件の形が出てくることを期待したほうが現実的です。そのようなメリットがあります。

お役立ち情報