賃貸住まいの良さは負の遺産を残さず済むこと

最近建てられた賃貸物件なら、防犯対策がきちんとされているでしょう。

古い賃貸物件の場合は

最近建てられた賃貸物件なら、防犯対策がきちんとされているでしょう。しかし、古いアパートなどでは、セキュリティがしっかりしていないことが多いです。玄関にディスクシリンダー錠が使われていることは珍しくありません。賃貸物件ですから交換はしにくいですが、補助錠をつけるなりして対策をしましょう。また、玄関だけでなく窓にも注意しなければいけません。窓にも補助錠をつけましょう。補助錠は低予算で増設できます。それでいて安全度はかなり上がるので、一人暮らしをしている若い女性は必ず補助錠をつけるようにしましょう。

窓のすぐ外が空き地や駐車場になっている場合、空き巣犯にとって侵入しやすいので、外にも対策をしておかなければいけません。市販のセンサーライトをつけましょう。空き巣犯が犯行を諦めた理由として、センサーライトを挙げることが多いです。防犯意識の高さをアピールして、狙われにくくしましょう。しかし、センサーライトをつけるとなると、かなりお金がかかるのではないかと考える人が多いです。センサーライトは3000円程度で買えます。大掛かりな工事も必要ありません。これで空き巣犯に狙われることがほぼなくなるのですから、かなり安いと言えるでしょう。

お役立ち情報